この記事を書いたライター

伊藤璃帆子

伊藤璃帆子

芸術大学で美術、写真を学び、ITマーケティング会社を経て、独立。現在フリーでライター、編集、撮影、イラスト、フードスタイリングなどを手掛ける。

2020年6月19日

在宅勤務・テレワークで迎える夏。快適でエコな暑さ対策教えます。

関東でも梅雨入りが発表され、蒸し暑い日が続くようになりました。今年も7月から8月にかけて猛暑になると予想されています。夏の暑さは毎年のことですが、今夏は働く環境が大きく変わり、例年と違って在宅ワークをしている方が増えているはずです。これまで会社に出勤して夜に帰宅していた方は、日中の自宅が想像以上に暑苦しいことに驚くかもしれません。エアコンの電気代も悩ましいところです。 そこで、在宅ワークで迎える猛暑が少しでも快適になり、作業の効率アップ&エコにもつながる対策についてご紹介します。

猛暑を在宅ワークで乗り切るためのポイント

オフィスで仕事をする場合は、エアコンを使った適切な温度環境や休憩時間の取得といった点が配慮されているため、労働時間内における自己体調管理はさほど気にする必要がありません。しかし、オフィス以外の場所で仕事をする場合は自分で管理する必要があります。とくに夏場は体調を崩しがちなので、猛暑で体がダウンする前に対策を講じておくといいでしょう。

温度&湿度管理

部屋の温度は高すぎるのも低すぎるのもNG

夏場の在宅ワークで、とくに注意したいのが室内温度です。オフィスの適正温度・湿度は労働安全衛生法で決められており、「室内温度が17度以上28度以下、相対湿度が40%以上70%以下を維持すること」と定めています。しかし、法律の範囲内だからといって自宅のエアコンを28度の設定にすればよいということではありません。屋内であっても28度で熱中症を発症してしまった例もありますので注意が必要です。

作業する場所の日当たりや湿度によっても快適温度が違います。エアコンの設定温度を低くしすぎるのもNGです。外出する際に室温と外気温との差がありすぎると、体への負担が大きいことが環境省の熱中症予防情報サイトにも書かれています。

暑いからといってダラダラと作業することにならないように、快適な温度管理ができるようにしましょう。お部屋の広さやエアコンの性能にもよりますが、25度〜26度くらいを保ち、それでも暑く感じる場合は扇風機やサーキュレーター、除湿機などを併用して体感温度を下げるようにしてください。

作業時間を早朝・夜間にシフト

「自宅」というシチュエーションを活かそう!

真夏の日中は、どうしても作業効率が悪くなります。そこで、就業時間を変えてみるのも一考です。集中して作業する時間帯を比較的涼しい早朝or夜間にすると、集中力が持続しやすいでしょう。職種によってはコアタイムが設定されていて自由な時間設定ができないこともありますが、可能な場合はおすすめの方法です。

この時間帯での作業は、エアコンの使用を抑えることができるため電気代の節約にもなります。また、家族やパートナーと同居している方であれば早朝や深夜は就寝時間と重なるため、静かな環境で仕事ができるメリットもあります。

ただし、夜間はつい時間を忘れて作業に没頭してしまいがちです。開始時刻と終了時刻をあらかじめ決めておきましょう。最も健康的なサイクルは、日中に活動して夜間は就寝することです。できることなら、このサイクルに沿うようにするのがベストです。しかし、暑さが厳しい夏の間は昼寝の時間をうまく取り入れてみてもいいかもしれません。バイオリズムの調整を行い、バランスの良い睡眠を心がけることが大切です。

適度な休息とこまめな水分補給を

リフレッシュ効果の高いお茶を用意するのもおすすめ

在宅ワークでは、休憩するタイミングを逃してしまう方も多いようです。オフィスにいるときは同僚との会話や外出、休憩時間などがあるため、適度な休息を得ることができますが、一人の環境で作業をしていると仕事に没頭しがちになります。「1時間作業したら、15分間の休憩を取る」といった、マイルールを作って休むようにしてください。

また、水分補給についても注意が必要です。暑いときには食欲もなくなることも多く、つい冷たいものばかりを摂りたくなってしまいます。もちろん、冷たい飲み物や食べ物で涼むのは良いことですが摂りすぎには注意しましょう。摂りすぎると体の中が冷えてしまい、内臓や肌にもよくありません。たくさん飲みたいときは、常温の飲み物を飲むようにしましょう。熱すぎるお茶やホットコーヒーも食道や胃に負担をかけます。冷たいものも熱いものもほどほどに、と理解しておきましょう。

冷たい飲み物は一度にたくさん摂取するのではなく、200ml程度の水を15~20分程度の間隔で呑みます。冷蔵庫でしっかり冷やした水(6℃程度)が、のどの渇きをしっかり押さえ、胃の吸収もよくなるとされています。

スポーツドリンクや栄養ドリンクには、体に補充すべき塩分が含まれていますが、糖分の含有量に注意してください。糖分(果糖)の多いジュースやアイスコーヒー(ガムシロップ入りなど)よりは、なるべく純粋な水に近い飲み物を摂るようにしましょう。

エアコンの効いた屋内にいると、さほど汗が出ているように感じないかもしれません。しかし、普段でも理想とされる水分摂取量は1日に1.5リットル程度です。扇風機やエアコンの風が当たるところでは、乾燥にも注意が必要です。熱中症予防のためにも、こまめに水分を補給して体調管理をしてください。

気になる夏の電気代…冷房を上手に使うコツ

在宅ワークでエアコンの電気代が気になる!

エアコンの利用方法を工夫して、効率よく部屋の温度管理ができるようになりましょう。できるだけ電気代を抑えながら、冷却効果を上げる方法をご紹介します。

エアコンは日中つけっぱなしが◎

エアコンは起動時に一番電気を使います。外気温と室内温度の差が大きい場合や、室温が設定温度になるまでの間は、さらに多くの電気を必要とします。そのためこまめにON、OFFをするよりも、つけっぱなしにする方が電気代の節約になります。近所のコンビニにちょっと買い物をする程度の短い時間なら、エアコンは切らない方がよいのです。

弱運転でスタートはNG

初期設定で「弱運転」にしていると設定温度になるまでに時間がかかってしまい、余計な電気代がかかることになります。エアコンを入れる際に自動運転にしておけば、一定の室温に下げた後、自動で弱運転したり送風に切り替えたりして室内温度を保つことができます。

早朝や夜間、涼しい日は使用を最小限に

エアコンは24時間つけっぱなしにしておけばよいというわけではありません。外気温と設定温度の差が少なくなる早朝や夜間、比較的涼しい日の場合は30分程度の外出でもエアコンを切った方が電気代の節約になります。

エアコンの買い換えや電力会社の見直しを

古いエアコンは機能と省エネ面で最新のエアコンにかないません。今使っているものが10年以上前のエアコンなら買い替え時です。また、電力会社や電気料金プランの変更も検討の余地ありです。どのくらいの節約が期待できるかは電力比較サイトでシミュレートすることができます。賢く比較・検討し、よりよいものに変えるのがおすすめです。

フィルター掃除をお忘れなく!

フィルターが埃で汚れていると、部屋の冷却能力が低下します。エアコンの効きが悪いと感じたら、フィルターをチェックしましょう。大半のエアコンフィルターは簡単に取り外しができます。掃除機などで埃を除去したあと、洗って乾燥させればOKです。(お手入れ方法は各メーカーによって異なります。取扱説明書に従ってください)

エコクールアイテムでより涼しく!

気の利いたアイテムを見つけて夏のテレワークを快適に過ごそう

夏場は作業する部屋の環境を整えることで、作業効率が大幅にアップします。自宅で涼しく過ごすためのアイテムといえば、エアコン・扇風機(置き型・卓上型)・すだれ・たてす・カフェカーテンなどがありますが、最近はデスク周りのアイテムや直接身体を冷却して清涼感を得るアイテムが充実しています。具体的にピックアップしてみましょう。

在宅ワークで役立つクールアイテム

室内でも室温が28度を超えたら熱中症に注意! エアコンが苦手な人や設定温度を低くしたくないときは、デスクの周りに涼しくするアイテムを準備しておくとよいでしょう。この夏、売れ筋の人気クールアイテムをいくつかご紹介します。

〇クールスプレー(直接肌にスプレーするもの、衣服の上からスプレーするものなど)
瞬間で冷却できるスプレー。清涼感のあるアロマスプレーなどが人気。

例:アイスノン シャツミスト(アイスノン)
  天然ハッカ油スプレー・ペパーミントオイル(ペパーミント商会)

〇デスクファン、デスクトップ冷風扇、ポータブルミストファン
USB電源のものが多いが、コンセントタイプ、充電式、電池式などがある。
ミストファンなら気化熱による冷却効果も期待できる。

例:ここひえ(ショップジャパン)
  2020年最新版 冷風機 冷風扇 卓上 小型(KOHINS)

〇冷却シート
ひんやり感は、眠気覚ましにも効果あり。貼るタイプのものは、首筋に貼ってもOK。

例:冷えピタ(ライオン)
  熱さまシート(小林製薬)

〇冷却タオル、冷却マフラー
水で濡らして絞って振るだけ。数時間ひんやり感が保て、洗濯しても効果は消えない。
色のバリエーションも豊富で優れた吸湿性・速乾性がある。コスパも良好。

他に「クール糸」を素材とした水の要らないタイプ、保冷剤や氷を入れて使うタイプも。

例:クールタオル 冷却タオル Eco de クール(泉州タオル)
  首巻きタオル(サニーノマド※今治タオルとのコラボ)

〇首掛け扇風機(ネッククーラー)
首にかけて使用するためハンズフリー。卓上型と違ってスペースを気にする必要がない。風量を調節できるタイプやヘッドセットのような外見で首の後ろからも冷却できる最新型も。

例:W-fan DF201(スパイス)
  2020最新型 首掛け扇風機(NEXFAN)

涼しい場所に移動して効率アップ!

場所の移動も可能なテレワーク。上手に夏を乗り越えよう

暑さ、狭さ、インフラ、気持ちの切り替えなど、自宅をワークスペースとして活用するのは難しいこともあります。今夏限定、あるいは1日のうち数時間だけ仕事する場所を変えるのも一考です。

自宅以外でテレワーク

自宅では作業効率が上がらないという方は、外で作業する場所を確保しましょう。作業に必要なインフラが整ってるレンタルオフィスやカフェが便利です。それぞれのメリットとデメリットがあるのでよく検討してみてください。

〇レンタルオフィス(シェアオフィス、コワーキングスペースなど)

◎メリット

  • 利用手続きが簡単
  • デスクや椅子、コピー機やファクス機など、基本的な備品が揃っていることが多い
  • 立地条件がよく、利便性の高い場所にある
  • シェアオフィスやコワーキングスペースをはじめとする共有施設は利用料が比較的安価
  • 会議室や休憩スペース、飲料サービスがあるところも

△デメリット

  • シェアオフィスやコワーキングスペースの場合、ほかの利用者の話し声や物音が気になる
  • 個室タイプでも、隣室の音が漏れてくる可能性もある
  • 予約制である場合がほとんどのため、希望する日時に予約できない場合もあり得る
  • 費用が時間制なので、長時間になる場合は費用がかさむ
  • 使いたいサービスが別料金になっていることがある(機器使用、会議室使用など)

最近、注目されているのが電話ボックス型の「テレキューブ」という個人向けの小さなレンタルスペースです。駅構内やオフィスビルへの設置が進んでいて、スマートフォンで予約可能です。ただし、Wi-Fiサービスがないためモバイル用のWi-Fiを別に用意する必要があります。コーピー機などの機材はなく、デスクと椅子が置かれた小さなスペースになりますが空調機能もあります。必要最小限のスペースなので窮屈に感じる人もいるかもしれませんが、短時間の利用なら快適に過ごせそうです。

〇カフェ

◎メリット

  • Wi-Fi環境があるところが多い(スターバックスコーヒー、マクドナルドなど)
  • 実際にテレワークしている人たちが多く、気後れしない
  • テーブル、椅子、電源が利用できるところが多い
  • 飲食が可能
  • 気分転換できる

△デメリット

  • Wi-Fiの使用時間が限られていることが多い(スターバックスコーヒーは時間無制限)
  • 静かな環境になりにくい。混雑時は席がないことも
  • 飲み物などの購入が必須
  • 長時間の作業は難しい場合がある
  • 公衆Wi-Fi使用でのセキュリティリスクや、プライベートが守られないリスクがある

作業場を移動して作業効率を上げることは、メンタル的にも効果的です。ただし、費用がかかることなので計画的に。

快適な避暑地でテレワーク

思い切って避暑地へGO!

テレワークで作業する場所を選ばないなら、思い切って避暑地へ移動してみるのも一案です。ホテルで長期滞在となると費用が気になりますが、コテージなら比較的リーズナブル。コロナ禍で打撃を受けた観光業界への一助として、自治体が支援しているプランもあります。また、各自治体でチェックしてみるのもよいでしょう。たとえば、東京都はテレワーク促進のために、テレワーク場所を探している人と宿泊事業者をつなぐマッチングサイトを公開しています。この夏は、特別なサービスを展開している避暑地が少なからずありそうです。暑さ対策とストレス発散にも良い方法です。

まとめ:テレワークだからこそ工夫次第で楽しい夏に

新型コロナウイルス感染症の影響で、今年の夏は例年と比べてかなり違った労働環境になりそうです。テレワークで自宅にいるとONとOFFの区切りがつけにくく、作業時間の管理がしにくいことが問題視されています。働く場所が会社から自宅に変わることによって、デメリットや個人に負担がかかる部分があるのは事実ですが、自分で工夫できるからこそメリットになることもあるはずです。

「ウイズコロナ」といわれるように、今後は新型コロナウイルス感染症にかかる可能性がある環境のなかで生活していかなくてはなりません。自分の身の回りから、少しでも快適な生活をつくる習慣を身に付けていきましょう。

出典:中央労働災害防止協会_労働安全衛生法 事務所衛生基準規則 第二章 事務室の環境管理
出典:環境省 熱中症予防情報サイト 
出典:HOTEL WORK TOKYO

この記事を読んだあなたにおすすめの記事

この記事を書いたライター
伊藤璃帆子

伊藤璃帆子

芸術大学で美術、写真を学び、ITマーケティング会社を経て、独立。現在フリーでライター、編集、撮影、イラスト、フードスタイリングなどを手掛ける。

TOPへ戻る