この記事を書いたライター

栢原陽子

栢原陽子

WEBでのパーソナルブランディング、セールスライティングを得意とするライター/編集者。これまでに医師や起業家、大学講師などをプロデュース。 2020年、中小企業診断士合格を目指し勉強中。執筆テーマは女性の働き方、WEBブランディング、小さな起業。

2020年7月10日

心に響く、経営者・創業者の名言10選

イメージ:スティーブ・ジョブズ/Apple創設者

この記事を読んでいるあなたは、今何歳ですか?

私は20代の頃、上司に「30歳までが勝負だから。30歳を過ぎてそこから頑張ろうと思うと大変だから、20代のうちにできるだけ挑戦しておきなさい」と何度も言われました。そのため20代はたくさんの失敗をしましたが、すべて今いきています。

こんな風に、人生に大きな影響を与えた言葉に出合ったことはありますか? 今回は、20代の方、とくに新入社員や若手社員の方向けに、心に響く経営者の名言を集めました。どんな言葉を胸に抱いて生きていくかで人生は変わります。

今日、あなたの人生を変えるきっかけになるような言葉との出合いがあるかもしれませんよ。

【心に響く、経営者・創業者の名言】大きな夢を描く大切さを伝える言葉

まずは夢や目標を持つことの大切さを教えてくれる言葉から。社会人になり日常に疲れ、何がしたいのかわからなくなったときや、やる気が出なくなったときにおすすめの言葉です。

1.ウォルト・ディズニー/ウォルト・ディズニー・カンパニー

イメージ:ウォルト・ディズニー・カンパニー

みんな大好きなディズニーは1人の青年の夢から始まっています。

夢見ることができれば、それは実現できる。

夢を描く言葉としてまずご紹介したいのは、やはりディズニーランドを創ったウォルト・ディズニーの言葉。

「あなたには夢はありますか?」「海外に行きたい!」「仕事で成功したい」など、どんなことでもいいです。夢に大小は関係ありません。大事なのは、夢を見ることです。

想像もしていないことや、願ってもいないような嬉しいことはなかなか起こりません。叶えたいと思うからこそ、その方向に向かって歩み実現することができます。

自分の夢をたくさん貯めていくための方法として、人生でやりたい100のリストを紙に書き出す「バケットリスト」という方法もおすすめです。「本当に、これ、できるのかなぁ?」と考えすぎずに、やりたいと思ったこと、夢をどんどん書き留めておきましょう。

2.ジョン・ピアポント・モルガン/J・P・モルガン・アンド・カンパニー

イメージ:J・P・モルガン・アンド・カンパニー

モルガン氏は、1つ対象を決めるとその分野について徹底的に研究する努力家だったそう。

できるだけ遠くへ行こう。そこに着けば、もっと遠くの景色が見えるはずだ。

「本当にやりたいこと、人生で叶えたい夢ってなんだろう」なんて、壮大なことを考えているうちに「本当にこれなのかな?」とよくわからなくなってしまうことがありませんか?

そんなときはなんとなくでもよいので、「こっちが自分の行きたい方向かも?」と思う道に進んでみましょう。その道を進み辿り着いた場所からもう一度夢を探せば、以前よりもはっきりとした夢の形が見えてきます。大事なのは、歩きだしてみること。そしてできるだけ歩き続けることです。

夢はどんどん変わるものです。1つの夢が叶うと、また新しい気づきがあって次の夢ができます。そうやってどんどん夢を叶えていった結果、最初にいた場所とまったく違う景色が見えているということがあります。日々少しずつでも歩みを進めましょう。

【心に響く、経営者・創業者の名言】働き方や生き方を導いてくれる言葉

次は、新入社員時代をどう過ごしたらよいのか、若手だからこそ覚えておきたい生き方が学べる言葉です。仕事や人生で挑戦するべきか迷う場面に出くわしたときや、これからの時代に必要なことはなんだろう? と迷ったときに思い出してみてください。

3.柳井正/ファーストリテイリング

イメージ:ユニクロ/ファーストリテイリング

ユニクロの第1号店では「ユニクロで買い物するのは恥ずかしい」と言われたこともあった。

僕はずっと失敗してきた。今までのどのビジネスでも一勝九敗くらい。唯一成功したのがユニクロです。

あなたはこれまでに何度、失敗しましたか? いまや巨大企業となったユニクロの会長兼社長の柳井正氏でも、「ずっと失敗してきて唯一成功したのがユニクロ」と言っています。

はっきり言います。人は失敗することに対して年を重ねるごとに臆病になるものです。まだ年齢が若いうちだからこそ、失敗と挑戦を何度でもすることができます。

スキルや経験が必要なビジネスの場において若さが有利になるのは、時間と体力があるという面が大きく、この2つは失敗から立ち直るために必要なものです。何か迷うことがあるなら、まずは飛び込んでみましょう。たくさん失敗してみると10回のうち1回くらいは成功と呼べる結果が出せるかもしれません。

4.孫正義/ソフトバンク

イメージ:ソフトバンク

こんなに有名になった今でもTwitterで垣間見れる孫社長の人柄はいつも謙虚ですよね。

成功する者と失敗する者の違いは、頭の差より性格の差の方が大きい。

日本ではいまだに学歴社会が残っています。ですが、あの大企業の社長である孫正義氏は「成功するために必要なのは頭の差より性格の差」という意味の言葉を残しています。もしあなたが自慢できるような経歴を持っていないなら性格を磨きましょう。

実際に私の周りには、三流大学の卒業ながら人気広告代理店に中途入社した人がいます。その人の周りからの人気や人望は絶大でした。性格は今からでも自分の努力次第で変えることができます。成功したいと思うなら、性格も磨いておきましょう。

【心に響く、経営者・創業者の名言】人気のGAFAの創設者の言葉

次に、世界的に人気のGAFAの創設者たちの言葉です。仕事で成功したい、出世したい、いつか自分で仕事を始めたいと考えている人にとって、成功への秘訣が詰まった言葉です。

5.ラリー・ペイジ/Google(アルファベット)

イメージ:Google

ラリー・ペイジは子どもの頃に読んだ伝記から実行することの大切さを学んだそう。

アイデアに価値はない。それを実行できてはじめて価値になる。

ラリー・ペイジは実現することの重要性を発信しています。その原点は、天才発明家ニコラ・テスラの伝記を読んだ幼い頃に遡ります。ニコラ・テスラは天才的な頭脳やアイデアを持っていながらも借金を抱えて亡くなっており、そこからラリー・ペイジは優れた頭脳やアイデアを持っていること自体には価値がないと考えるようになりました。

たとえばあなたが、仕事上で改善点に気づいたとします。そのとき、先輩や上司に伝えますか? そのまま何も言わずに黙っていますか?「伝えたところで、どうせ『今までこれで問題なかった』と言われて終わるから」と最初から諦めていませんか?

どんなに良いアイデアでも思いついただけでは価値がなく、実行して初めて意味を成します。実行するにはエネルギーがいるものですが、あなたのアイデアや意見は、実際に動いて初めて価値が生まれることを覚えておきましょう。

6.ジェフ・ベゾス/Amazon

イメージ:Amazon

ジェフ・ベゾスは「危険なのは進化しないことである。」という言葉も有名ですね

イノベーションを実行するのであれば、誤解されることさえ積極的であるべきだ。

Amazonのすごいところは多々ありますが、大きさや分厚さの異なるすべてのものをダンボールという箱に収めようとした点はその一つに挙げられます。

あらかじめダンボールの大きさを何パターンか用意しておき、多少の余白があれども規定のダンボールで送るというのは業界のイノベーションでした。ダンボールの大きさが決まっているため配送の際にサイズに合ったダンボールを探す手間が最小限になりました。準備すべきダンボールの種類も減るうえに、荷物を積んだときにできる無駄な隙間を省くこともできます。

ときにAmazonで注文した小さな商品が大きな段ボールで届き、「無駄が大きいのでは?」と思うこともありますよね。そんなユーザーのために梱包についてのユーザーの意見をAmazonに伝えることができるシステムも用意されています。

また、Amazonグループでは「カイゼン(改善)」と呼ばれる環境保護や省エネへの取り組みを全社レベルで行っており、誤解や批判を恐れるよりも、それらに向き合い改善していく姿勢をとっています。

イノベーションを起こす際は、意図していない誤解や批判を生んでしまうこともあります。ですが、それらに臆することなく自分たちの理念やスローガンに忠実に進み、ユーザーの声と向き合ってきたからこそ、Amazonという巨大企業が生まれたと考えられます。

今後、あなたがやりたいことに出合ったときや、本当にイノベーションを起こすときには、誤解を恐れない大胆さが必要であると覚えておきましょう。

7.マーク・ザッカーバーグ/Facebook

イメージ:Facebook

『ソーシャル・ネットワーク』というマーク・ザッカーバーグ氏の成功の道のりを描いた映画もおすすめ。

僕は毎日のようにこう自分に問いかけている「今、僕は自分にできる一番大切なことをやっているだろうか」

あなたは自分に、この問いをしたことはありますか?

もし毎日この問いと向き合いながら生きることができたら、後悔のない人生を送れるのかもしれません。でも人間だからこそ遊んでしまったり怠けてしまったり、「一番大切なこと」を放ったらかしてしまうときもあります。

ときどきでもこの問いを思い出して日常を見直すことができたら、その瞬間から少し行動が変わるかもしれません。

たとえば、あなたが今できる「一番大切なこと」は何ですか? もしかしたら、この記事をブックマークしておいて仕事に戻ることかもしれませんし、大切な人や両親に「いつもありがとう」とメッセージを送ることかもしれません。

「今できる一番大切なことって何だろう?」と考えてみることは大切なことです。

8.スティーブ・ジョブズ/Apple

イメージ:Apple

スティーブ・ジョブズは本当に多くの名言を残しており、スタンフォード大学の卒業式のスピーチは何度聞いても心に響きます。

私がこれまでくじけずにやってこれたのは、ただひとつ。自分がやっている仕事が好きだという、ただそれだけなのです。

あなたは、今の仕事が好きですか? もし「好きだ」と言えないのであれば、ほかの仕事を探してみるのもいいかもしれません。

もちろん、探したからといって好きな仕事に出合えるとは限りません。好きな仕事を探し続けるジプシーのような方もいます。

ですが、今やっている仕事のどこをとっても好きだと思えないのなら、職を変えてもいいでしょう。やはり「この仕事が好き」と思ってやっている人には絶対に勝てないからです。好きという気持ちにはそれだけ強いエネルギーがあります。

どんなときでも諦めないで続けることは意外と難しいものであり、そのためには「好き」という気持ちが必要です。

【心に響く、経営者・創業者の名言】女性への生き方のメッセージ

最後に、これからを生き抜く女性に届けたい言葉です。女性にはさまざまなライフスタイルが用意されています。結婚するか否か、仕事を続けるか否か、正解がないなかでどう生きればよいのか、迷ったときに思い出してほしい言葉です。

9.たかの友梨

女性が輝き続けるためには外見や内面を磨くだけでなく、経済的な自立も必要です。

一生働ける技術を身につけることは、女性が自立していくうえで、とても大切なこと。私は、女性にとって本当に大切なのは「自立」だと思います。自立というのは、ライフワークを持っていること、そして経済的にも自立していることです。

最後の「経済的にも自立していること」というのは私が深く共感している言葉なのでご紹介しました。

昔は結婚後、専業主婦に憧れた女性も多かったですが、近年では共働きが増えています。ですが、いまだに妊娠・出産を機に仕事をやめる女性は少なくありません。その理由は、会社や同僚からの子育て中の女性への理解不足が多くを占めます。制度が整っていても文化が整わずに辞めざるを得ないのです。

それでも、できれば働き方や仕事を変えるなどして「経済的な自立」を諦めない方法を探してください。経済的に自立していることは、夫婦関係を対等で豊かなものにしてくれるだけでなく、女性としての自信にもつながります。

新入社員や若手社員にとっては、まだまだ先の話のように感じるかもしれませんが、覚えておいていただけたら嬉しいです。

10.ココ・シャネル/シャネル

イメージ:シャネル

ココ・シャネルはただのデザイナーではなく、「女性解放」を掲げたデザイナーでした

20歳の顔は自然の贈り物。50歳の顔はあなたの功績。

最後はすべての女性の憧れと言っても過言ではない、ココ・シャネルの言葉です。

今、この記事を読んでいるあなたは何歳ですか? まだ20歳でシワもシミもない若さがあるなら、それは自然の贈り物、ご両親からのギフトです。ですが、50歳になったときの顔はあなたの人生、つまりあなたが生きてきた結果です。

50歳のときに自分の顔に自信が持てる人は、自信が持てる生き方をしてこれた人です。反対に、自分の顔を恥ずかしいと感じる人は、自分の人生から逃げてきたということになります。どちらの人生を歩みたいですか?

そして、ココ・シャネルはこうも言っています。

人生は1度きり。だから思いっきり楽しむべきよ。

あなたは自分の人生を楽しめていますか?

経営者の言葉:まとめ

言葉には力があります。心に響いた言葉は、忘れないようにいつでも思い出せるようにしておきましょう

経営者の名言、いかがでしたか? 今回記事を執筆するにあたって多くの名言を見てきましたが、ほとんどの経営者が伝えているのは以下の3つです。

  1. 夢を抱け
  2. 失敗を恐れるな
  3. 好きなことを楽しめ

わかっていてもなかなかこの通りにできないこともあると思います。

そんなときには、今回ご紹介した名言を思い出して、「この人でさえもこんな風に生きているのだから」と自分を鼓舞してみてください。名言の背景にある物語を本で読むのもおもしろいですし、お気に入りの名言があったら手帳に書いておくのも常に意識できるのでおすすめですよ。

この記事を読んだあなたにおすすめの記事

関連記事をタグで確認
この記事を書いたライター
栢原陽子

栢原陽子

WEBでのパーソナルブランディング、セールスライティングを得意とするライター/編集者。これまでに医師や起業家、大学講師などをプロデュース。 2020年、中小企業診断士合格を目指し勉強中。執筆テーマは女性の働き方、WEBブランディング、小さな起業。

TOPへ戻る