この記事を書いたライター

紺野うみ

紺野うみ

平日はフリーライター、休日に巫女としてご奉仕。 神社・神道・生き方・心理学・自己分析・心について記事を執筆。すべての人が前向きに、自分らしく生きるために大切なことを伝えている。 巫女ライターとしては、「書くこと」を通じて神様へのご奉仕を形にすべく、神道・神社・神様の心の本質を伝えることを使命とする。

2020年10月14日

仕事を辞めるべきか、続けるべきか?迷ったときに役立つ転職の判断基準【キャリアのこころ】第5回

どんな人でもキャリアに迷いが生じることはあるもの。『なりたい自分のキャリアを見つける』それは、自らの心と向き合うことが第一歩。本当の自分を見つける自己分析とは?

自己分析アドバイザー・紺野うみが、自分らしい働き方を導く心の見つめ方をお伝えします。『キャリアのこころ』第5回目は、今の職場を辞めるべきか続けるべきかで悩んだ時の、判断基準についてお話しいたします。

仕事の職場を変えるべきか悩んだときは

転職をすべきかこのままがんばるかで、悩んでいませんか?

今の職場で、この先もずっと働いていくべきか。別の環境に転職を考えた方がいいのか――。あなたも一度は、考えたことがあるのではないでしょうか?

刻々と情勢の変わる現代社会の中で、今や「転職」は珍しいことではありません。

多彩な経歴を持っている人、多くの場所で経験を積んでステップアップしてきた人……。さまざまな形で見えてくる「個人の魅力」に、スポットライトが当たるようになってきた多様性の時代であるとも言えるでしょう。

長い人生の中における「仕事」の環境は、自分の目指す将来像や、生活環境・状況に合わせながら柔軟に変化させていくことも大切です。

しかし、モヤモヤした気持ちのまま「なんとなく」転職を考え、目標や目指す場所を持たないうちに行動をしてしまえば、あなたの心が本当に望む環境を手に入れることは難しいことでしょう。

そう……転職には、自分の気持ちを鼓舞させることができる、明確で前向きな「理由」が必要なのです。

あなたがもし、今の職場を「辞めるべきか、続けるべきか」で迷っているのなら――。その次の行動を決定する「判断基準」について、一緒に考えてみませんか?

あなたにとっての「正解」を見つける3つのポイント

あなたの人生にとっての「正解」の道を見つけよう

現在の職場を「辞めようかな、続けようかな」と悩んでいる人は、今の仕事内容や職場環境に対して、何らかの違和感や心身の苦痛を感じていらっしゃるのではないでしょうか?

「本当にこのままでいいのだろうか?」という想いがありながらも、なかなか「決断」をすることができずにいることでしょう。

それは、まだあなたの心の中で、転職に向けて行動を始めるべきか否かの「判断基準」が明確になっていないからです。

人生を豊かにする「仕事」において大切なことは、世の中の常識や一般論での「正解」ではありません。「あなたにとっての正解」を、しっかりと心で定めておくことです。

そこで、他の誰でもなく「あなたにとっての正解」を見出すために考えてみていただきたい、3つのチェックポイントをご紹介していきたいと思います。

①ストレスなど「負の感情」だけに押しつぶされているか?

ストレスとマイナスな感情しか心に生まれないときは……

現在の職場で仕事をしているとき、あなたの心にはどのような感情が浮かんでいますか?

  • いつも不安や憂鬱な気持ちと戦っている
  • 仕事のことでは、やりがいやワクワクした気持ちを抱けない
  • 同じ職場内の仲間や、関わる人たちと信頼関係を築けない

このように、仕事について考えたときに、過度なストレスと共に負の感情ばかりが生まれてしまう場合は、今の職場で長くがんばり続けることが難しいかもしれません。

そのままの状態で無理を重ねれば、心が痛みや苦しみに対して、次第に麻痺してしまいます。そうなると、なおさら現状を変えるために行動を決意することができなくなってしまいます。

ただただ「耐える」だけに甘んじているのなら、その場所からできるだけ早い段階で、自分自身を救い出してあげなければいけません。

もちろん、仕事は遊びとは違いますから、そのものを全力で「楽しい!」と思えなくてもいいのです。

たとえば、一緒に働く仲間が好きで共にがんばる時間が心地よかったり、自分の未来のために修行として学びを得たりするなど……。別の方向からでも、自分にとって「プラスの感情」が生まれていることがあるなら、それはあなたにとって続ける価値のある職場だと言えるでしょう。

会社にいるときに、一瞬たりとも「マイナス思考から抜け出せない」ときには、要注意です。あなたの心が、一生懸命にSOSサインを出しているのかもしれませんよ!
このような時には、あなたの心が少しでも生き生きと輝けるような環境へ、動いてみるべきタイミングなのかもしれません。

②逆境からでも「何らかの学び」を得られるのか?

苦しい現状の中からでも、得るものを見出せるか

現在の職場で遭遇した出来事や人々から、あなたは「学び」を得ることができましたか?

  • 苦手な人との関係性で、努力や工夫を試みた
  • 大変な仕事をこなし、経験や実績を積み重ねられた
  • よくない環境を変えるために、自分自身も行動してみた

このように、ひとつの職場に身を置いているとき、たとえそこがどんなに辛い環境であったとしても……それはあなたを磨いてくれる大切な「経験」になるかもしれません。その貴重な「きっかけ」を、ただ愚痴だけこぼして自らの成長に活かさずダラダラ引き摺ってしまうのは、もったいないことです。

人生では、困難な壁にぶつかるたびに怖がって逃げてばかりいても、どこか別の場所で似たような壁に悩まされてしまうことが多いもの……。もしかすると、目の前に立ちはだかっているものは、あなたの成長に欠かせない「ご縁」なのかもしれません。

ただし、ここに立ち向かうためには、あなたの心にそれなりの「スタミナ」がなくてはいけません。心も体もボロボロなときには、一見マイナスな出来事や人間関係から「学び」を見出すことは難しいです。

自分の心身にある程度余裕があって、現在の職場で起こる出来事や出会う人との関係性から、「何らかの学び」を吸収できるのであれば……あなたはその場所で、まだまだ自らを磨くことができるかもしれませんよ!

努力や工夫をしてみて、それでも困った環境や人間関係が改善されない時には、あなたのがんばりと貴重な経験を心のお土産に、次のステージを目指して転職を考えてみてもよさそうです。

③今の状況の先に「明るい未来」が描けるのか?

今の場所でも、明るい将来像が描けるかどうかを見極める

現在の職場で過ごす道の行き先に、どのような形であっても、あなたの思い描ける「明るい未来」がありますか?

  • 今は厳しい環境でも、将来必ず良い方向に転じていくビジョンがある
  • 一方的に消耗させられる困った人間関係も、ゆくゆくリセットできる
  • この場所でがんばることで、自分の目指す未来への足掛かりができる

これは、もっとも重要な判断のポイントになります。

仕事をしている時間も、あなたにとっては「貴重な人生の時間を費やしている」ことに他なりません。ただただ「お給料」と自分の「時間や労力」を引き換えにするだけではなく、あなたの未来をより明るく楽しくしてゆくための、大切なツールとしても活かしていきましょう!

今がどんなに辛く苦しい状況でも、「希望」の存在があるだけで人は何度でも立ち上がることができますし、前を向いて歩き続ける力を与えてくれるものです。

現在の会社の未来や、自分自身の未来について、よく考えてみてください。――そのビジョンの中に、明るい未来の可能性はありますか?

もし、これらが一切思い浮かばない場合には、あなたの希望は今とは違う「外の世界」にあるのかもしれません。固定観念にとらわれることなく、冷静に「より良い未来」についてイメージしてみてください。

まだまだあなたの胸の中に、今の場所でできることや、未来に繋げられる「成すべきこと」があるのだとしたら……。そこで過ごす時間を、より大切にできるよう心掛け、そこに向けた具体的なプランを考えていくことをおすすめします。

仕事も「人生のステップアップ」につなげよう!

どんな仕事も、素敵な自分の人生にしっかり活かそう

どんな仕事であれ共通しているのは、大なり小なり「厳しさ」「責任」「困難」「苦悩」「努力」がついて回るということです。

だからこそ大切なことは、あなた自身の人生の中でその一つひとつを、最終的にプラスの方向に活かしてゆくことなのではないでしょうか。そこから得られる人間的成長があってこそ、さらに「幸福な人生」は花開いてゆくものだと思います。

  1. あなたにとって「マイナスな感情」しかもたらさない環境からは、ずるずるとなんとなく離れられずにいるのではなく、思い切って離れる決断をすることも大切です。
  2. もっと今の場所で学べることを見出せて、そこに立ち向かうだけの心身のスタミナがあるときには、苦しみの向こう側に目を凝らしてみることも大切です。
  3. 将来のためにやるべきことやできることが見えているなら、今の場所を活かして、さらなる人生のステップアップを目指すことも大切です。

あなたも心のどこかに迷いがあるのなら、これらのポイントを自らに問いかけてみてください。そこに、他の誰にも分かるはずのない「あなただけの答え」があるはずです。

周りの人があなたに与えてくれるのは、「きっかけ」や「判断のヒント」など、ひとつの意見に過ぎません。

最後に決めるのは、あなた自身の心です。迷ったときほど、「正解」は自分の胸の奥深くから探し出すことを心がけてみてくださいね。

次回【キャリアのこころ】第6回は、「職場の人間関係の極意!他人と一緒に心地よく働くために持つべき心構え」と題して、職場におけるコミュニケーションを円滑にするためのコツについてお話いたします!

編集後記(編集担当より)

仕事がうまくいかない。職場の人たちとコミュニケーションが取れない。など、働いて入れば、仕事のや職場に関して、負の感情をいただいてしまう事は日常茶飯事かと思います。それが続くと転職を考えてしまう事もあります。

しかし、そんな時こそこれまでの自分を振り返り、仕事や職業に求めるものを考えることで道が拓けます。転職でお悩みの方は、今回の紺野さんにご紹介いただいた3つのポイントを自分の心に問いかけてみてはいかがでしょうか。

仕事を頑張れば頑張るほど、悩みは増えるもの。仕事、職場、転職などのお悩みをキャリアの専門家に相談しませんか?ぜひ、ジョイキャリアがお届けする「シゴトのお悩み相談室」にご相談ください。
仕事のお悩み相談室(無料)

「仕事・職場…etc」読者の悩みにキャリアのプロがズバッと回答!

この記事を読んだあなたにおすすめの記事

この記事を書いたライター
紺野うみ

紺野うみ

平日はフリーライター、休日に巫女としてご奉仕。 神社・神道・生き方・心理学・自己分析・心について記事を執筆。すべての人が前向きに、自分らしく生きるために大切なことを伝えている。 巫女ライターとしては、「書くこと」を通じて神様へのご奉仕を形にすべく、神道・神社・神様の心の本質を伝えることを使命とする。

TOPへ戻る