この記事を書いたライター

菊川ゆみ

菊川ゆみ

社会人デビュー後、畑違いの仕事ばかりをして現職に落ち着く。中学生の息子と二人三脚で頑張るシングルマザー。趣味は、仕事以外に趣味がない自分を変えたくて始めたゴルフ。今は一つの趣味にすぎないが将来は「特技」になる予定。スピードより心に響く仕事を心がけています。

2021年7月22日

退職代行サービスを利用する前にやるべきこと。前向きなキャリアのために円満退職する方法とは

退職代行サービスタイトルイメージ

退職代行サービスを利用しようと思ったことはありますか。入社があれば、退社もある。現代社会においてなんら不思議なことではありません。しかし、退職を会社に伝えるのは心苦しいですよね。そんな時に役立つのが、退職代行サービスです。今回は、退職代行サービスを詳しく掘り下げると共に、前向きにキャリア形成していくための退職についてお伝えします。

この記事のポイント
  • ①あなたの代わりに、円満に退職するサポートをしてくれる「退職代行サービス」。具体的な企業や、料金の例を紹介。数万円で利用可能?
  • ②退職代行サービスの4つの注意点。「全ては代行できない」「感情的にならない」「誠実に」そして、本当にサービスを利用するべきか、慎重に考えること
  • ③退職を一人で決めないなど、退職代行サービスを使う前に考えるべきこと3つ。退職を前向きなキャリアの実現に役立てるために、後悔のない選択を

退職代行サービスを使う前に知る退職代行サービスってなに?

退職代行サービスイメージ画像1

会社をやめるって、やっぱり言いづらい

「退職代行サービス」、聞いたことがありますか? その名の通り、退職という行為を代行してくれるサービスです。

たとえばあなたが、働いている会社を辞める決心をしたとします。しかし、以下のような状況になり、なかなか辞められないことがあるかもしれません。

「上司になかなか切り出せず、ズルズルと仕事を続けてしまう」
「退職の意向を伝えたけど応じてもらえない」
「引き止められてしまい、そのままなし崩し的に働き続ける」

そんなときに役立つのが、退職代行サービスです。

「自分で退職を伝える必要がない」「苦痛(な仕事、会社)から解放されたい」という人たちの駆け込み寺のようにもなっており、年々利用する人が増えています。

退職代行サービスを使う前に知るどんな会社が、いくらで請け負ってくれるの?

退職代行サービスイメージ画像2

まずは確認してみよう

現在複数の業者が同様のサービスを始めていますが、主に以下の2社が知られています。

・Exit / EXIT株式会社
面談不要で、相談から退職完了までスマホ1つで利用できるのが特徴。メディア出演も多数。
・Saraba / 退職代行SARABAユニオン
追加料金なし、一律25,000円で利用できるのが特徴。全額返金保証あり。

利用者は代行サービス会社に数万円の料金を支払い、代行サービス会社は利用者の勤め先に「辞める意向がある」旨を伝えます。

筆者も転職の経験が数回ありますが、退職に費やすパワーはかなりのものです。なかでも「辞めたい」はなかなか言い出せず、いつ言うべきか考えはじめたら食事も喉を通りません。

もしあなたが「苦痛(な仕事、会社)から解放されたい」、もしくは「退職し新たなステップに踏み出したい」と考えていて、そのきっかけを数万円で代行してくれるのであれば、安いかもしれませんね。

退職代行サービスを使う前に知る退職代行サービスを使う時の注意点はなに?

退職代行サービスイメージ画像3

退職代行サービスが、人生の分かれ道を導いてくれるかも

退職代行サービスを利用する前に、どのような注意点があるのかしっかり確認しておきましょう。4点の特に注意すべきことを紹介します。

退職代行サービスの注意点1. “全て”は代行できない

退職代行サービスは、退職に関するすべてのことを行ってくれるわけではありません。どこまで代行してくれるかは依頼する会社のサービス内容によりますので、利用前に確認しましょう。

一般的に以下のことは、退職時に自分で行わなければならない場合が多いでしょう。

  • 仕事の引継ぎ
  • 必要な書類の作成等
  • 社員証や備品等の返却
  • 自身の机やロッカーの整理

すべて電話や郵送で済めば良いですが、会社に行かざるを得ない場合もあると考えましょう。退職はあなたにとって人生のなかの一大決心であると同時に、同僚や部署にも大きな影響を与えるため、慎重かつ丁寧さが求められます

退職代行サービスの注意点2. 自身が感情的にならない

退職に関連する話を出すタイミングや場所はとくに気をつけましょう。嫌なことがあったとしても、感情的になり大声を出したり良くない発言をしたりは、絶対にNGです。

辞めることが決まったとしてもそこからが大事。解放感はあるかもしれませんが、締めるところはしっかり締めましょう。

たとえば、下記のようなことは丁寧・誠実に行いましょう。(退職を機にパワハラや嫌がらせがあったり、自身の精神面に不調を来している場合は別です。)

  • 自身の仕事の引継ぎ
  • お世話になった人たち(同僚・取引先等)への挨拶
  • 自身の書類・データ等の整理、処分

退職代行サービスの注意点3. 誠実に対応されなくても、誠実に

一番良くないのは、退職が決まったからといって「あとはどうでも良い」というような態度を取ってしまうことです。退職してもその会社と無関係になるわけではなく、離職届や源泉徴収票等の書類は元の会社から発行されるため、多少のやり取りは発生します。

もしかしたら、会社に問い合わせをする機会があるかもしれません。そういう時に気まずい思いをしないよう、「きれいに辞める」ことを意識しましょう。退職後も会社に顔を出せるくらい良好な関係を築けると理想です。

退職代行サービスの注意点4. 本当にサービスを使うべきか

退職代行サービスは、会社に退職を伝える手段の一つですが、自分の言葉で退職を伝えられるのであれば、わざわざお金を払って代行サービスを利用する必要はありません。

特に、お世話になった人がいる場合、転職先が同業他社で今後も何らかに関わりがありそうな場合などは、誠意をもって伝え、退職までの期間も誠実に仕事をしたほうが、今後のためにも良いでしょう。

「言いにくいから」「いろいろ面倒くさそうだし」だけで代行サービス使うのはオススメしません。お世話になった会社に後ろ足で砂をかけるように辞めていくことは避けましょう。

退職代行サービスを使う前に考えることは?

退職代行サービスイメージ画像4

決断する前にいろんなことを考えてみよう

そもそもなぜ退職するのか? 退職しなくて済むならそれに越したことはないはずです。退職という決断を自分に下す前に考える、3つのことがあります。

退職代行サービスを使う前に考える1. 誰かに相談する

先輩・同僚に相談してみましょう。一度くらいは退職を考えたことがあったり、同じような悩みを乗り越えてきたりと、貴重な話が聞けるかもしれません。

もちろん、うわさが出回ってしまうこともあるので、相談相手には信頼できる、口の堅い人を選びましょう。また、相談相手として家族もお勧めですが、親世代は働くことへのジェネレーションギャップがあることも。兄弟のほうが客観的なアドバイスがもらえるかもしれません。

もし、精神面や身体面の問題で退職を考えているのであれば、退職ではなく一旦「休職」の相談をしてみるのも良いでしょう

退職代行サービスを使う前に考える2. 全ては、変わりゆくもの

自分のやりたい仕事じゃない、上司とそりが合わないなどで退職を考える人は少なくありません。会社の業績不振なども理由の一つですね。

しかし、会社は生き物であり変化します。会社の規模や業態にもよりますが、ずっと同じ仕事、同じメンバーというのは考えにくく、人事異動や部署異動によりあなたの環境も変わります

会社の業績も、良い時もあれば悪い時もあります。一時期の状態で判断せず、数年後を見据えて「ここは我慢」と考えることも必要です。

退職代行サービスを使う前に考える3. 前向きなキャリア形成につながる?

また、退職の理由を周囲の環境に求める人は、次の職場でも同じような理由で退職しがちになり、キャリアアップにつながらない転職を繰り返してしまう傾向があります。なぜ退職するのか? それは今なのか? を自分に問いかけ、時間をかけて判断しましょう。

会社や仕事、人間関係が嫌で逃げるように辞めるだけでは、あなたのキャリアアップにつながりません。そのような退職は、履歴書を汚すことになり、焦りや憂鬱感を生むだけです。

そこで発想を切り替え、退職を「次へのステップ」と考えましょう。

退職代行サービスの利用を、「次のステップ」のきっかけに

退職代行サービスイメージ画像5

退職は次のステップへのスタートライン

「次へのステップ」ですから、退職の理由も、やりたいことを実現するためであるべきです。前向きな理由であれば、退職を切り出された上司も応援してくれるかもしれません。

退職・転職に向けて良いアドバイスをもらえる可能性もありますし、次の職場に移ってからも頼れる相談相手になったり、取引先になったりと意外な関係を築ける可能性だってあるのです。

退職はネガティブにとらえがちですが、自分のキャリアを前向きにデザインしていくための一歩と考えたいですね

キャリアアップについては、キャリアアップするなら社内or転職?キャリアアップを実現するためにやるべき5つのことの記事でも紹介していますので、この機会に読んでみてください。

【まとめ】退職代行サービスを、あなたが望むキャリア実現のきっかけに

退職代行サービスイメージ画像6

いつか振り返った時、悪くない選択だったと思えるように

「退職は自身のキャリアのため」と考えると、「退職代行サービス」を利用する理由も変わってきます。

スムーズに退職できないことで、自身が望むキャリアの実現に支障をきたすのであれば、代行サービスを利用する価値はあるのではないでしょうか

そして、せっかく入った会社を辞めるのですから、そこでの経験を次のキャリアに活かすことが大切です。「やりたいことと違った」「ムダな時間を過ごした」ではなく、「実現したいことにつながる貴重な経験を積めた」と思える、そんな良い辞め方ができれば、その経験は新天地で活かされるかもしれませんね。

転職代行サービスについては、働き方の歪みから生まれる『退職代行』という辞め方。埋められない会社とのギャップがうんだ新たなサービスとは?の記事でも紹介していますので、あわせて読んでみてください。

この記事を読んだあなたにおすすめの記事

この記事を書いたライター
菊川ゆみ

菊川ゆみ

社会人デビュー後、畑違いの仕事ばかりをして現職に落ち着く。中学生の息子と二人三脚で頑張るシングルマザー。趣味は、仕事以外に趣味がない自分を変えたくて始めたゴルフ。今は一つの趣味にすぎないが将来は「特技」になる予定。スピードより心に響く仕事を心がけています。

TOPへ戻る