この記事を書いたライター

さかた えみ

さかた えみ

大学卒業後、生命保険業界に勤務。結婚退職し、二児の母となる。転勤を経験したことから「地方にいても働く方法」を模索し、ライターとして活動を始めた。現在は、ライター活動の他、広報やSNSの管理などもおこなっている。

2021年10月28日

テレワークの運動不足は宅トレでリフレッシュ!在宅ワーク、リモートワークの合間にできるフィットネスとは?

テレワークは宅トレで運動不足解消タイトルイメージ

テレワークの増加により、問題となるのが運度不足です。最近はオンラインを使い自宅でできるトレーニング、「宅トレ」の選択肢が多くなってきています。では、自分に合った運動はどのようなものがあるのでしょうか?今回は、テレワークの合間に家でできるオンラインフィットネスやスポーツについて紹介します。自分に合う「宅トレ」方法を見つけて、運動不足を解消しましょう!

この記事のポイント
  • ①テレワークで運動不足を気にしている人の約半数が、気になりながらも対策をしていない? 運動不足は肩こりや腰痛、生活習慣病、精神の不調につながることも
  • ②YouTubeやオンライン配信、ゲーム機を使った手軽にはじめられる宅トレの方法を紹介。ただ、一人では続かないことも。「目標は低め」「誰かと共有」することでモチベーションを維持
  • ③たまには外の空気を吸うことも、大事なリフレッシュ方法のひとつ。ジムやウォーキングも上手く取り入れた適度な運動を習慣化して、健康的にテレワークをしよう

テレワークは宅トレで運動不足解消在宅ワークは運動不足になりがち

テレワークは宅トレで運動不足解消1

在宅ワークで気づけば運動不足に

在宅ワークやリモートワークでよくあることのひとつが、「気づけば1日家にいて、一歩も外出しなかった」ということ。これが毎日続くと、当然運動不足になってしまいます。

リモートワークになってから会社に通勤していた頃より体力が落ちたと感じる人や、パソコンとにらめっこで肩と腰の筋肉が固まってしまい辛いと感じる人もいるでしょう。

在宅勤務の半分以上が、運動不足対策をしていない

在宅勤務中の20代〜50代男女(会社員)約1000人を対象にした健幸ライフ株式会社の調査によると、8割の人が「在宅勤務になり、座って仕事をする時間が増えた」と回答。

また「在宅勤務で体に影響がある」と言う人が6割近くいました。具体的な影響としては、「運動不足になっている(59.0%)」との回答が最も多く、次いで「肩こりや腰痛を感じる(28.4%)」が続きます。

運動不足を気にする人が多いにもかかわらず「自宅でできる運動をしている人」の割合は47.1%にとどまっています。つまり半分以上の人が運動不足を気にしながらも何も対策をしていないのです

運動不足が気になりながらも具体的に何をすればいいかわからない人が多いのかもしれません。そういった悩んでいる人におすすめしたいのが家でできるスポーツやオンラインフィットネスです。

たとえば、大手フィットネスクラブのティップネスが提供するオンラインフィットネス「torcia(トルチャ)」は、プロのインストラクターによる様々なフィットネスプログラムを利用することができます。

お申し込み:ティップネス

テレワークは宅トレで運動不足解消在宅ワークの合間に家でできるオンラインフィットネス

テレワークは宅トレで運動不足解消2

スポーツジムに代わってオンラインフィットネスに注目が集まる

これまでスポーツジムが、在宅ワーカーの運動不足の解消に一役買っていました。しかし新型コロナウイルス感染症により、いままでのように自由に利用することができなくなってしまいました。

スポーツジムに通えないだけでなく、そもそも外出自体が難しい時期もある昨今、新たに注目されているのが家でできるスポーツです。

家で運動ができれば、スポーツジムに通う時間が節約できるだけでなく、特別な準備をせずにすぐに始められます。

ここからは、在宅ワークやリモートワークの合間に家でできるスポーツのなかでも始めやすい、YouTubeなどのオンライン配信を利用したフィットネスや Nintendo Switchを使った運動を紹介します。

大手スポーツクラブティップネスのオンラインフィットネスでも活躍するスポーツインストラクター木村亜莉沙さんのインタビューも合わせて、ご覧いただくとフィットネスの魅力がより理解できるでしょう。

テレワークは宅トレで運動不足解消YouTubeなどの動画配信を利用したオンラインフィットネス

テレワークは宅トレで運動不足解消3

いつでも・どこでも、自分のタイミングでできるのが良い!

パソコンやスマホがあればすぐ始められるのが、YouTubeを利用したオンラインフィットネスです。

YouTube上にはパーソナルジムが運営するアカウントをはじめ、ストレッチが中心の初心者向けアカウントなどスポーツに関するさまざまな種類の動画があります。

  • 軽いストレッチ
  • エクササイズ
  • 筋トレ
  • ダイエット

など、目的に応じて動画を探すことができます。自分好みのフィットネスを見つけることができるでしょう。

ティップネスでは、オンラインフィットネス『トルチャ』も提供しているのでおすすめです。

YouTube動画のほかには、ヨガスタジオが提供するオンラインヨガもおすすめです。個人配信のものと比べてメニューが豊富で、トレーナーを選べることが多いため、自分に合ったレッスンを見つけやすいでしょう。

また、ヨガスタジオが提供するオンラインヨガのレッスンには録画したレッスンを配信するビデオレッスン型とリアルタイムで配信されるライブレッスン型があります。

ライブレッスン型なら、家にいながらスタジオで一緒にレッスンしているような感覚になれるでしょう。

YouTubeの動画はほとんどが無料で見られますが、ヨガスタジオが提供するオンラインヨガは有料のものが多いです。オンラインヨガを申し込む際には、急にサービスが終わってしまう可能性もあるので、そのサービスが将来的にも続くかどうか見極めて決めましょう。

レッスンの数や種類の豊富さだけでなく、評判が良し悪しも判断材料になります。

テレワークは宅トレで運動不足解消ゲームソフトで遊びながらスポーツ

テレワークは宅トレで運動不足解消4

バーチャルでスポーツができる時代もすぐそこに?

2007年に発売され流行した「Wii Fit(ウィー・フィット)」のように、遊びながら運動できるゲームソフトもあります。

Nintendo Switch の「リングフィットアドベンチャー」も人気です。2019年10月18に発売された、全身を動かして遊ぶことができるソフトです。

付属の「リングコン」と「レッグバンド」が腕や肩、胸、お腹、背中、お尻、脚などの部位の動きを認識し、ゲームの中のキャラクターと連動します。

キャラクターと冒険しながら長時間運動もできますし、種目を決めてひとつの運動だけに取り組むこともできます。目標時間や目的に合わせて運動を選べて、回数や難易度、力の強さも調整可能です。

気になる部分を集中的に鍛えたり、全身をバランスよく鍛えてシェイプアップを目指したりと、個人に合わせたトレーニングができます。

テレワークは宅トレで運動不足解消在宅ワークの合間のスポーツ、続けるポイント

テレワークは宅トレで運動不足解消5

ひとりでは続かない?在宅ワークでの運動、続ける方法をチェック

在宅ワークの合間のスポーツは手軽にできる点が魅力です。一方でひとりで行うため続けにくいというデメリットもあります。

スポーツジムでは人の目やトレーナーの激励があり頑張ろうという気になりますが、家ではどうしてもサボったり途中でやめてしまうことが増えます。では、在宅ワークの合間にスポーツを続けるためのポイントは何でしょうか。

・最初から高い目標を持たない

目標を達成できないとモチベーションが続かず、途中でやめる可能性が高まります。たとえば週1回だけからスタートして徐々に回数を増やしていくなど、小さい目標を立てましょう。どんどんクリアしていくことでモチベーションが維持できるはずです。

・同僚や仲間と取り組みを報告しあう

同僚や仲間とこれまでに取り組んだスポーツを定期的に報告し合うと、モチベーションを維持できます。気の合う仲間と一緒にZOOMなどを使ってオンラインフィットネスをするのもいいでしょう。

励ましあってスポーツが続けられるだけでなく、気持ちのリフレッシュにもなります。朝の決まった時間に一緒にラジオ体操をするのもいいですね。

テレワークは宅トレで運動不足解消在宅ワークの合間に外でできるスポーツ

テレワークは宅トレで運動不足解消6

スポーツジムで気分転換をするのも良い

最後に、在宅ワークの合間に外でできるスポーツを紹介します。家でするスポーツに飽きたときの気分転換にいかがでしょうか。

スポーツジムに通う

新型コロナウイルス感染症の影響で一時休館に追い込まれたスポーツジムですが、少しずつ再開を始めています。スポーツジムには、家で行うスポーツにはない以下のようなメリットがあります。

  • 器具やレッスンが豊富にあるので飽きにくい
  • サウナでリフレッシュ、リラックスできる
  • インストラクターに相談できる
  • 通うことで気分転換になる
  • プールがある

どうしても家では運動ができなかったり、家での運動に飽きてしまったりしたときは、スポーツジムに通って気分転換をするのもいいでしょう。

家で手軽にできるオンラインも良いですが、外に出て体を動かす機会も積極的に作れると良いですね。大手スポーツクラブのティップネスなら、ジムとオンラインを組み合わせて実施できるのでおすすめです。

ウォーキングや散歩

外でできる運動のなかで、いつでもどこでも気軽にできるのがウォーキングや散歩です。お金がかからないのもいいですね。手軽で気軽に始められるのに、多くの効果を期待できます。

・シェイプアップと筋トレの効果

ただ歩くだけでなく、呼吸や姿勢を意識して歩くと代謝がアップしてシェイプアップ効果や筋トレ効果が得られます。

・ストレッチ効果

ずっと座りっぱなしの状態で固くなってしまった筋肉を動かすと筋肉がほぐれ、ストレッチ効果が期待できます。

・ストレス解消効果

外の空気を吸うことでリフレッシュできるため、ストレス解消に効果があります。

ウォーキングを続けるポイントは、飽きないように定期的にコースを変えること。または「音楽を〇曲聞き終わるまで」というように、場所ではなく時間を決める方法もいいかもしれません。

また、在宅ワークでストレスや疲れを溜めない!おうちでできる簡単リフレッシュ方法7つの記事でも、自宅でできるリフレッシュ方法を紹介していますので、この機会にご覧ください。

【まとめ】テレワークは宅トレで運動不足を解消しよう!

テレワークは宅トレで運動不足解消7

楽しく無理なくあなたらしく

この記事では、在宅ワークやリモートワークの合間にできるスポーツを紹介しました。

目標を決めてひとりでもがんばることができるならYouTubeを利用したオンラインフィットネスがおすすめです。

ひとりでは挫折してしまう人なら、オンラインフィットネスを一緒に取り組む仲間を作ったり、ゲームを使って楽しみながら運動したりすることでモチベーションを維持できるでしょう。

運動不足は、肥満や生活習慣病のリスクを高めるだけでなく、メンタルにも不調をきたす原因になります。

たまにはウォーキングやスポーツジムも取り入れながら、意識的に運動不足の解消に取り組みましょう。

テレビCMでも話題!大手フィットネスクラブのティップネスによるオンラインフィットネス「torcia(トルチャ)」で在宅ワークの運動不足を解消してみてはいかがでしょうか?

この機会に確認してみよう!ティップネス

ティップネスのスポーツインストラクター木村亜莉沙さんのインタビューもご覧いただくとより一層、魅力がわかります。
スポーツインストラクター 木村亜莉沙(株式会社ティップネス所属)|笑顔と元気をいかして幅広いフィールドで活躍

出典:「在宅勤務と運動に関する調査」 健幸ライフ株式会社

この記事を読んだあなたにおすすめの記事

関連記事をタグで確認
この記事を書いたライター
さかた えみ

さかた えみ

大学卒業後、生命保険業界に勤務。結婚退職し、二児の母となる。転勤を経験したことから「地方にいても働く方法」を模索し、ライターとして活動を始めた。現在は、ライター活動の他、広報やSNSの管理などもおこなっている。

TOPへ戻る