この記事を書いたライター

ミスターJ

ミスターJ

ジョイキャリア中のヒト、新しいサービスやビジネスモデルに出会うと興奮を抑えきれずに記事を書いたり、インタビューに出たりと好き放題。とにかく仕事を楽しむこと、楽しい仕事をすること、新しい価値を生み出すことに情熱を注いでいる。「温泉ワーク」を研究中

2019年4月4日

Instagramの日本経済へのインパクトは?販促から流通までを狙う新機能が追加!

今や日本国内ではFacebookを超える2900万とも言われるユーザー数を誇るInstagram、我々のビジネスにおいても欠かせない存在となっている。では、どのような活用が期待できるのか?現在の活用シーンやこれからInstagramがねらう市場を考えてみたい。

Facebookは、国際的な調査機関であるIPSOSに依頼し、国内における『インバウンド観光』『中小規模ビジネス』『女性起業家』『若手起業家』の4つの分野におおけるInstagramの影響を「Instagramが日本経済に与える影響に関する調査結果を発表」として公表した。

影響力が拡大するInstagram

調査は3,023人の13歳以上のinstagram利用者と、instagramをビジネスで活用している中小企業の担当者500人など、いずれもinstagramを活用している人を対象にしている。回答者はinstagramを何らかの形で使用しているという方々だ。

Instagramの日本経済に与える影響

ではInstagramはどのように活用されているのか早速調査結果を見て行こう。

インバウンド観光におけるInstagramの役割

・定期的に旅行する人のうち46%が「休暇の計画を立てる際にInstagramを使う」と回答
・56%の中小企業が「Instagramはウェブサイトにはできない方法で旅行業界に役立っている」と回答
・51%の旅行者が「Instagramはあまり知られていない旅行先や体験の情報源だ」と回答
・43% の中小企業が「Instagramの投稿がきっかけで国外から顧客が訪れたことがある」と回答
・57%の中小企業の「Instagramは実店舗への集客に役立つ」と回答

中小規模のビジネスに関する意識調査

・調査対象企業の40%が、自社のウェブサイトよりもInstagramの方が会社にとって重要な存在だと考えていると回答
・94%が「Instagramは顧客にリーチし、エンゲージするために重要なプラットフォームである」と回答
・48%が「Instagramは新規顧客の獲得に役立つ」と回答
・48%が「Instagramが新規顧客の来店に繋がっていると感じている」と回答
・56%が「Instagramは顧客の来店促進に役立つ」と回答

女性によるビジネスに関する意識調査


・中小企業で働く女性の56%が、Instagramは自身のビジネスの成長に最も役立つプラットフォームだと回答
・50%の女性が「Instagramのおかげで自身のビジネスが以前よりも成長した」と回答
・57%の女性が「Instagramは女性起業家にビジネスの機会を提供している」と回答
・中小企業で働く女性のうち57%が「Instagramはモバイルを利用する顧客にリーチする最適のツールであると考えている」と回答
・48%の女性起業家が「Instagramのおかげで自分の条件に合うビジネスを構築することができた」と回答

若手起業家によるビジネスに関する意識調査

*以下はすべて、中小企業で働く35歳以下の利用者による回答結果

・中小企業で働く35歳以下のInstagram利用者のうち、56%がInstagramがビジネスの成長に役立つだと回答
・特に5年以下の新規事業がビジネス目標を達成するのにInstagramが役立つと考えている割合は、半数近い42%という回答となりました。
・49%が「自身のInstagramアカウントを通じてビジネスを成長させた」と回答
・51%が「Instagramが若手起業家の活躍を後押ししていると感じている」と回答
・51%が「Instagramのおかげで自身のビジネスが以前よりも成長した」と回答
・47%が「Instagramが自社の売上を伸ばす上で役立った」と回答

現在の活用法としては、個人は主に情報収集として、企業はプロモーションやブランディングなど販売促進ツールとしての位置付けが強いようだ。しかし、日本だけで3000万人のユーザーを抱え、我々の生活にも多大な影響を与えるInstagramがこれだけで終わるはずが無い。では一体これからどのような展開を考えているのだろうか?

販促から流通へ展開するInstagram

そんなInstagramは、さらに企業向けにビジネスを促進させる機能を追加している。今後は買い物を強化して行く流れなのかもしれない。

Instagramがお買い物アプリになる日も近い?

昨年3月( 日本は6月)にスタートしたショッピング機能は、ショップ登録している企業アカウントが、販売する商品の写真を登録すると、ユーザーはその写真をショッピング専用のコレクションとして保存出来るというものだ。しかし、購入するには企業が運営や出店するECサイトなどへ行く必要があった。

そして、2019年3月19日、そのショッピング機能から、外部のECサイトなどに行かずともInstagram上で購入・決済まで出来るCheckout on Instagramが登場した。さらにInstagram上で出荷や配送状況の通知を受け取ることができるという事だ。

Instagramで商品の写真をチェックして、その場で購入し専用コレクションに保存。購入したものをまるで自分のクローゼットのように写真で管理できるのだ。こちらは日本ではまだ提供はされていないが時間の問題だろう。

これまでは、主に情報提供やプロモーションなどの販売促進ツールとして日本経済にインパクトを残しているInstagramだが、これからはECや決済などを兼ね備えた流通サービスとしてもさらに大きなインパクトを残して行く事だろう。

この記事を読んだあなたにおすすめの記事

関連記事をタグで確認
この記事を書いたライター
ミスターJ

ミスターJ

ジョイキャリア中のヒト、新しいサービスやビジネスモデルに出会うと興奮を抑えきれずに記事を書いたり、インタビューに出たりと好き放題。とにかく仕事を楽しむこと、楽しい仕事をすること、新しい価値を生み出すことに情熱を注いでいる。「温泉ワーク」を研究中

TOPへ戻る