この記事を書いたライター

ミスターJ

ミスターJ

ジョイキャリア中のヒト、新しいサービスやビジネスモデルに出会うと興奮を抑えきれずに記事を書いたり、インタビューに出たりと好き放題。とにかく仕事を楽しむこと、楽しい仕事をすること、新しい価値を生み出すことに情熱を注いでいる。「温泉ワーク」を研究中

2019年5月10日

旅行プラットフォームとして進化するAirbnbが、その優位性を示すレポートを公表

10連休と長かった今年のゴールデンウィーク、宿泊にAirbnbを利用したという方も多かったのではないでしょうか?そんな、Airbnbが民泊サービスから旅行に必要なもの全てをワンストップで提供するプラットフォームとして進化している。その影響力は果たしてどのようなものなのだろうか?今回はAirbnbが近頃発表したレポートの内容を纏めてご紹介する。

民泊からワンストップの旅行プラットフォームを目指すAirbnb

Airbnbは旅のプラットフォームへ進化する

2008年のサービス開始以来、世界191ヶ国で、600万を超える宿泊施設を持ち、累計5億人が利用する世界最大の民泊事業を展開するAirbnb、その数は既に世界6大ホテルグループの合計部屋数を超えているという。

「どこにでも居場所がある世界を実現させる」という同社では、宿泊施設を提供するだけでなく、旅先での体験や移動という、始まりから終わりまでをワンストップで提供する旅行プラットフォームの構築へ向けて拡大を続けている。

2018年に予約したゲストの58%はミレニアル世代以降の若者だった。SNSから大きな影響を受ける若者達の承認欲求に働きかけ、共感を産む事でインフルエンサーとなり、より幅広い世代にもリーチする事に成功している。

今ではホストのうち40万件以上は高齢者で、40万社以上の企業が出張でAirbnbを利用するまでとなり、シェアリングエコノミーにおける巨大なプラットフォームとなっている。

旅行サービスにおけるAirbnbの優位性とは?

そんなAirbnbがこの程、「The Airbnb Advantage」という、旅における同社が世界に与えるインパクトをまとめたレポートを発表した。このレポートでは、ホスト14万7千件以上、ゲスト9万件以上の合計23万件以上の回答を元に作成されている。今回はこのレポートのサマリーを纏めている。

世界中のあらゆる地域に広がる宿泊施設

Treehouse in Belize City

Airbnbの宿泊施設は、従来人気の高かった主要な都市にだけ集中するのではなく、これまで旅行者が行く事がなかった地域や場所へ広がっている。

  • 世界中の99,800以上の都市でAirbnbの宿泊施設がある。
  • 1秒ごとに6人のゲストが宿泊施設にチェックインしている。
  • 1,000以上の宿泊施設登録がある都市が900以上ある。
  • 5年前は全体の10%以上あったニューヨーク、ロンドン、パリの宿泊施設は3%未満となった。

グローバルなつながりで多くの滞在先が生まれている

Airbnb host greets guest
Download

Airbnbのコミュニティは、グローバルなネットワークを作り上げ、ユニークな宿泊施設や体験を望むゲストの要求に応える事が出来る。その需要は、さらに多くのホストに民泊事業という機会を創出し、ゲストには多くの旅の選択肢を提供する。

  • 世界中で宿泊施設を利用するゲストは5億人以上に到達した。
  • ホストは自宅を提供ことにより650億ドル(日本円:約7兆1500円)以上を稼いだ。
  • ゲスト達は、これまで観光地で行く機械の少なかった地域で何十億もの支出をしている。
  • ホストの22%は、ホストになる前にAirbnbにゲストとして楽しんでいた。
  • ホストとゲストは信頼の証として2億5千万以上のレビューを残している。

ユニークで質の高い宿泊施設とサービス

Business Travel Product Flow

Airbnbのコミュニティは、これまで他にはなかった新しい旅行方法を生み出し、ホストへ価格以上の価値を提供している。

  • 宿泊施設には14,000を超えるタイニーハウスに4,000を超える城、2,400を超えるツリーハウスがある。
  • 回答者の95%が支払いの容易さと安全性からAirbnbを選んでいる。
  • 回答者の86%が立地の良さ、77%が地元の人と同じ生活環境を求めている。
  • 回答者の64%が、自然環境の良さを求めて利用している

 

Travellers Trust Airbnbエクスペリエンス

Chicago – Nora, Swim like a Mermaid!

Airbnbが提供する体験サービスは、オオカミとの散歩や、コンテナでのジャズライブなど、旅先の地元にいる専門家達がオリジナルのアクティビティを提供することで旅行者を楽しませている。

  • 2016年に500点から開始した後、世界中で現在30,000点を提供している。
  • 2018年に体験サービスで予約された参加数は前年比で7倍近く増加している。
  • 回答者の96パーセントが、地元そのものの体験を求めている。
  • 回答者の94%が支払いの容易さと安全性からAirbnbを選んでいる。
  • 回答者の92%がAirbnbブランドの品質の高い品質を信頼して選んでいる。

 

このように、これまでの旅行ではなかったゲストとホストのコミュニケーションに、レビュー機能をうまく活用した旅行後も続く体験など、旅というものに新たな価値と共感を生み出した。

サービス開始から10年に渡り、全世界にゲストとホストと地域を繋ぐコミュニティーを拡大してきたAirbnb、これから旅行プラットフォームとしてどのように展開して行くのか1ユーザーとして非常に楽しみにしている。

この記事を書いたライター
ミスターJ

ミスターJ

ジョイキャリア中のヒト、新しいサービスやビジネスモデルに出会うと興奮を抑えきれずに記事を書いたり、インタビューに出たりと好き放題。とにかく仕事を楽しむこと、楽しい仕事をすること、新しい価値を生み出すことに情熱を注いでいる。「温泉ワーク」を研究中

TOPへ戻る