この記事を書いたライター

いづつえり

いづつえり

柑橘農家×ベーグル屋×ライター。「地方に仕事はない」という“常識“を自ら反証することを生きがいにしているパラレルワーカー。横浜出身、天草在住。

2020年5月20日

「仕事も家庭も大切にするキャリアの考え方とは?」【となりのキャリア】第4回

働く人たちの相談役、キャリアコンサルタント(以下:キャリコン)に寄せられた相談事例を振り返ることで、あなたの“仕事やキャリアを考えるためのヒント”を見出していくコラム『となりのキャリア』。

今回の相談者は結婚2年目、数年以内に子どもを持ちたいと考えている地方在住で20代後半女性の田中さん(以下、田中)です。女性は、結婚や出産などのライフイベントとキャリアをどのように考えればよいでしょうか。

仕事が好きな人のためのライフステージに合わせて選ぶ働き方

正社員以外の働き方を選ぶ人が増えている

相談内容

夫と二人暮らしで、マーケティング関連の仕事をしています。数年のうちに子どもを持ちたいと考えていますが、子育てしながら働いている同年代の女性が少ないことや会社にスキルアップの機会が少ないことに不安を感じています。

仕事が好きなので、子どもができても仕事を続けたいと考えています。どのようにキャリアを考えていけばよいでしょうか?

松浦:会社にスキルアップできる機会が少ないということですね。どのような状況か、もう少し詳しく聞かせてください。

田中:年功序列や男尊女卑の考え方が根強いと感じています。結婚したら家事や育児をするのは女性が当然。そのために女性が仕事をセーブするのは当たり前といった雰囲気です。私の周りでは、出産後は、多くの人がパートか契約社員に働き方を変えています。

松浦:田中さんは、子育て中も仕事をセーブせずに働きたいということですね。子育てしながら働ける環境とはどのようなことをイメージしていますか?

田中:時短勤務や育児休暇制度の整った、正社員という働き方です。

松浦:確かにそれもあります。周囲にはパートや契約社員になっている人も多いのですよね。彼女たちは、なぜそのような働き方を選んだのでしょう?

田中:時間の融通がきくからでしょうか。いま勤めている会社で子育てしながら働くイメージはできないので、現実的に考えるとそれしか方法はないと思います。でも、私には「母親になったら、パートや契約社員で働かなければならない」という考え方は受け入れがたいと感じています。

松浦正社員かパートまたは契約社員以外にも、さまざまな働き方があります。私自身はフリーランスとして働いています。知り合いのキャリコンの中には、子育てしながらパートとフリーランスを組み合わせて、働いている人がいますよ。その人は、こういった相談もオンラインを上手に活用しているようです。

田中:そんな働き方もあるんですね。これまで会社に出社する、正社員としての働き方しか経験したことがなかったので、考えたこともありませんでした。出勤せずに働くこともできるんですね。でも、いきなりフリーランスで働くことなんてできるのでしょうか?

松浦フリーランスとして働くなら、未経験の職種は厳しいと思いますが、田中さんはマーケティング関連のお仕事をしているんですよね。マーケティング関連は、近年、フリーランスを募集する企業も増えています。

まずは、フリーランスのための求人サイトに登録して、どんなスキルが求められているかを見てみるというのはいかがでしょう?

どこでも活かせる仕事のスキルは会社員時代に身につけておこう

フリーランスを目指すなら正社員時代の過ごし方が大切

出産・育児を経て正社員だけではなく、子育てしながら生活に合わせた働き方ができるフリーランスという働き方を知った田中さん。しかし、フリーランスになるには不安もあるようです。

田中:数年以内にフリーランスに転向するとしたら、いまからどんな準備をしておいたらよいでしょうか?

松浦:求人サイトを見て、すぐにでも応募できると感じられればよいですが、必ずしもそうとは限りません。フリーランス案件は、即戦力を期待されているものが多いので、会社員時代に積み上げてきたスキルや経験が求められます。

また、切り出しやすい業務がフリーランス案件になりやすいことも特徴です。マーケティングの仕事の中だと、デジタルマーケティングや広告運用などは案件が多いようです。

田中:デジタルマーケティングの分野は、私も興味があります。ただ、いま会社で担当しているマーケティングの業務は会社独自の仕組みもあるので、フリーランスで活用していくのは難しいかなと思います。

松浦:たしかに、そういうものもありますね。たとえば、自分でブログやサイトを開設して、SEO対策やSNSなどを運用するなど、個人でできるスキルの習得方法を探してみるのはどうでしょうか。大きな会社だと、仕事を分業しているケースが多いので、「一から十まで一人でやってみた」経験には価値があると思いますよ。

田中:フリーランス案件は、基本的に経験したことのある職種なのですね。働き方が変わっても仕事は、会社員時代に習得したスキルを活用するのがよいということでしょうか。そのほかにしておいた方がよいことはありますか?

松浦フリーランスは、自分で仕事の進め方を考えることが期待されます。毎回指示を受けて仕事するのではなく、仕事の全体像を把握して、進め方も、スケジュールも自分で組み立てていかなければなりません。

田中さんがいま、自分の担当をしっかり終えることだけに集中しているなら、会社員のうちから、プロジェクト全体の状況も見られるようになるとよいと思います。

田中:これまで、自分が経験したことの枠組みでしか考えていなかったので、今日はいろいろ勉強になりました。どんな働き方ができそうか調べてみることからはじめたいと思います。

仕事は生活の一部 仕事も家庭も大切にするには

仕事を長い時間軸の中でとらえてみよう

「男性は仕事、女性は家庭」という役割分担がなくなりつつあります。仕事より家事や育児が好きな男性もいますし、家のことより仕事が好きな女性もいます。

しかし、まだまだ性別役割分業の考え方にとらわれている人も少なくありません。その傾向は、都市部より特に地方で根強く残っているようです。

今回の田中さんもそうした性別役割分業に疑問を持った一人。女性が子どもを持っても働き続けるには、仕事か家庭かのどちらかを犠牲にする必要があるのではと悩んでいました。今回の相談を通じて、正社員として働く以外にも働き方の選択肢があることが分かったようです。

仕事を大切にしたい人は「正社員」、家庭を大切にしたい人は「パート」か「契約社員」しか選択肢がないと思い込んでしまうと、仕事か家庭かを選ばなければならなくなります。

「仕事も家庭も」大切にするためには、どのように考えればよいのでしょうか。キャリコンの松浦さんに今回の相談のポイントをうかがいました。

私たちの生活は、複数の要素から成り立っています。キャリア研究の第一人者として知られるアメリカのサニー・ハンセン博士は、人生には、労働、愛、学習、余暇の4つの役割があると提唱した人物。個人のキャリアを仕事だけでなく、その人の人生の役割全体からとらえ直しました。

言われてみれば、まさにそのとおりでしょう。その配分は違っても、仕事だけ、家庭だけの人はいません。誰にでも、自分だけの最適な組み合わせがあるのです。

これまでバリバリ働いてきた女性でも、妊娠した状態で同じペースで働くのは体調の面からも難しいことが多いですし、安全面を考えても一定期間休まなければなりません。

子育ては男性もできますが、妊娠と出産は女性にしかできないことです。そうである以上、ある程度は女性の仕事に制限が出てしまうのは仕方のないことでしょう。このようなときに有効なのが、仕事を人生全体の役割でとらえる考え方だと思います。

これまでと同じ働き方はできなくても、働き方や環境を整えれば、必要以上に仕事をセーブする必要はありません

仕事か家庭かの二者択一に悩んでいる人にとっては、心強い考え方となるのではないでしょうか」

”自分らしいキャリア”はあなた次第

働き方を自分でデザインしてみよう

今回の相談事例は、「仕事も家庭も」大切にしたいと考える女性にとって参考になるものだったのではないかと思います。

筆者自身も正社員時代、相談者の田中さんに近い考え方を持っていることから、出産のタイミングとキャリアプランについてはかなり悩みました。

しかし「環境や働き方を変えれば、自分らしい生活を送ることができる」と知ってからは、ライフプラン全体で、仕事の位置づけを考えるようになりました。

自分の働き方の可能性を狭めているのは、自分自身かもしれません

次回は、実際に子育てしながら働く女性の事例を紹介したいと思います。お楽しみに!

この記事を読んだあなたにおすすめの記事

この記事を書いたライター
いづつえり

いづつえり

柑橘農家×ベーグル屋×ライター。「地方に仕事はない」という“常識“を自ら反証することを生きがいにしているパラレルワーカー。横浜出身、天草在住。

TOPへ戻る